【speedtest-cli】LinuxのCUIからインターネットの速度を調べる

LastModified
Category server

概要

speedtest-cli の インストールと使い方

注意 とても良くできていて手軽に使用できるが、speedtest.com の公式のものでは無いので、 高い精度が必要なら以下

https://www.speedtest.net/apps/cli

参考

https://github.com/sivel/speedtest-cli

試した環境

Ubuntu 12.04.5 LTS & Python 2.7.3

Ubuntu 18.04.3 LTS & Python 3.6.5

インストール

pip install speedtest-cli

出力内容


$ speedtest-cli
Retrieving speedtest.net configuration...
Testing from XXX (x.x.x.x)...
Retrieving speedtest.net server list...
Selecting best server based on ping...
Hosted by IPA CyberLab (Bunkyo) [xx.xx km]: 21.832 ms
Testing download speed................................................................................
Download: 90.36 Mbit/s
Testing upload speed................................................................................................
Upload: 65.33 Mbit/s

オプション


$ speedtest-cli -h
usage: speedtest-cli [-h] [--no-download] [--no-upload] [--single] [--bytes]
                     [--share] [--simple] [--csv]
                     [--csv-delimiter CSV_DELIMITER] [--csv-header] [--json]
                     [--list] [--server SERVER] [--exclude EXCLUDE]
                     [--mini MINI] [--source SOURCE] [--timeout TIMEOUT]
                     [--secure] [--no-pre-allocate] [--version]

オプションの説明

日本語訳。正しいかは未検証。


optional arguments:
  -h, --help            ヘルプを表示
  --no-download         ダウンロードテストを実行しない
  --no-upload           アップロードテストを実行しない
  --single              複数ではなく単一の接続のみを使用します。この典型的なファイル転送をシミュレートします。
  --bytes               ビットではなくバイトで値を表示します。ではない
                        --shareによって生成されたイメージにも影響します
                        --jsonまたは--csv
  --share               speedtest.net共有へのURLを生成して提供します
                        --csvで表示されない結果イメージ
  --simple              詳細出力を抑制し、基本情報のみを表示
  --csv                 詳細出力を抑制し、基本情報のみを表示
                        CSV形式で表示。ビット/秒でリストされ、影響を受けない速度
                        --bytes
  --csv-delimiter CSV_DELIMITER
                        CSV出力で使用する単一文字の区切り文字。
                        デフォルト ","
  --csv-header          CSVヘッダーを表示
  --json                詳細出力を抑制し、基本情報のみを表示
                        JSON形式で表示。ビット/秒でリストされ、影響を受けない速度
                        --bytes
  --list                距離でソートされたspeedtest.netサーバーのリストを表示する
                        
  --server SERVER       テストするサーバーIDを指定します。複数回供給可能
                        
  --exclude EXCLUDE     サーバーを選択から除外します。複数回供給可能
                        
  --mini MINI           Speedtest MiniサーバーのURL
  --source SOURCE       バインドするソースIPアドレス
  --timeout TIMEOUT     秒単位のHTTPタイムアウト。デフォルト10
  --secure              speedtest.netが運用するサーバーと通信するときにHTTPではなくHTTPSを使用する
                        
  --no-pre-allocate     アップロードデータを事前に割り当てないでください。
                        事前割り当てはデフォルトで有効になっており、アップロードのパフォーマンスが向上します。
                        メモリ不足のシステムをサポートするには、このオプションを使用してMemoryErrorを回避します
  --version             バージョン番号を表示して終了する